小売店様向けの卸販売サイトです。

個人購入で商品をお探しの方は中川政七商店の公式サイトをご覧ください。

伝え手として商品お取り扱いをご希望の小売店さま

ピックアップ「醤油差し」

醤油差しに必要な機能は、何をおいても「液だれしないこと」。『THE 醤油差し』の開発は、これをクリアすることから始まりました。
まずは、注ぎ口を一から設計。試作を繰り返し、上部に「くちばし」がないにもかかわらず1滴も液だれしない切れのよさを実現しました。

店頭でアピールできる特徴

1. 液だれしない

醤油差しの注ぎ口と栓の機構を全面的に見直し、傾きを戻すと醤油の表面張力で内側に吸い込まれるように設計。ゆっくり注いでも、勢いよく注いでも気持ちいいほどの切れのよさを実現しました。

2. 透明度の高いクリアガラス

ガラスの中でも特に透明度の高い「クリスタルガラス」を使用。 パーツをすべてガラス製にすることで蓋と本体を嵌合させるためのねじ込みが不要になり、 より衛生的で、すっきりとした佇まいになりました。

3. 伝統的技法をつかった精度の高い品質

江戸時代創業の青森伝統工芸品「津軽びいどろ」の伝統的技法を持った指定工場で製造。ぴたりと重なる蓋と本体に職人の高い技術が垣間見えます。

メーカー責任者の声

NYのMoMAでも販売されている逸品

液だれしない構造になるのに足掛け2年かかった製品。機械で大量生産と思われがちですが、青森の7人の職人がほぼ手作りに近い形で、生産。NYのMoMAでも販売されている逸品です。

THEゼネラルマネージャー
阿部さん

店頭でお客様とのコミュニケーションに最適な、
THEを象徴する定番のアイテム

「液だれしない醤油差し」というキャッチーであることから、THEのアイテムでも興味を持ってもらいやすい商品になっています。店頭でのコミュニケーションにもつながりやすいです。

接客方法としては、なぜ絶対液垂れしないのかをお客様にきちんと伝えるように徹底しています。くちばしを蓋の内側に収め切ることで、最後の一滴が表面張力によって中に引き込まれる様に設計されていることを丁寧に伝えています。

実店舗では実際に醤油などを入れてお試ししていただくのが一番分かりやすいかと思います。
THESHOPでも発売以来、お客様にご愛顧いただいているアイテムとなっています。

THE SHOP SHIBUYA
松尾さん

贈り物と個人用の2パターンパッケージ

2パターンのパッケージ

THE醤油差しは個人用に紙箱、贈り物用に桐箱の2種類があります。桐箱は企業さまのノベルティでもご好評いただいています。

キッチンもきれいに!

大阪なのでたこ焼きをよく家で作るのですが、油を引くのにこの醤油差しを使っています。油もまったく液だれせず、キッチンもきれいに!
使っているとフタのところに少し汚れがたまってしまいますが、ふたが簡単に外れるのでさっと洗い流すだけできれいに。ねじ込みがないので清潔に保ちやすいです。

並べ替え