小売店様向けの卸販売サイトです。

個人購入で商品をお探しの方は中川政七商店の公式サイトをご覧ください。

伝え手として商品お取り扱いをご希望の小売店さま

ブランド特集「sufuto」

この度、2月にデビューしたばかりのブランド「sufuto」が卸販売が可能となりました。

sufutoは室町時代より綴織(つづれおり)を家業とする清原織物が新たに展開したブランドです。綴織は結納のふくさや帯、舞台緞帳などハレの席にふさわしい最高峰の美術織物としていつも特別な時に寄り添ってきました。

贅沢な綴織を日常でお楽しみいただけるのが魅力の「sufuto」。
まずおすすめしたいのが「名刺入れ」です。全8色で上代は¥9,000(税抜)です。

おすすめポイント

1. 正絹の綴織ならではの落ち着いた光沢感

2. 美しい色合いと生地のしなやかさが生む上品な佇まい

3. 名刺の量に応じて伸縮する、和裁の技法を用いたマチのつくり

会話が弾む名刺入れ

第一印象に関わる名刺入れ。自分らしいものを探すのは意外と大変です。
sufutoの名刺入れは絹の滑らかな手触りと、日本伝統色の落ち着きのある鮮やかな色が気に入りました。
触れると不思議と身のこなしに意識がいきます。
名刺入れ素敵ですねと会話が弾むこともしばしば。 商談中は名刺の座布団として活躍しています。

売り場での見え方をシミュレーション!

和雑貨の印象が強い織物商材ですが、sufutoはその色合いやデザインから、
文具やアクセサリー売場でも展開しやすいのも魅力のひとつです。
大日本市のスタッフが実際の売場をイメージしてディスプレイしてみました。

光沢感が棚をグッと上品にします 和雑貨売場

男性向けの高級文具にもマッチする落ち着いた光沢感 文具売場

工芸の技を活かしたアクセサリーの中にも佇まい アクセサリー売場

小売店さまからのよくあるご質問

Q 強度は大丈夫なのか?

A 綴織は緯糸で経糸を包み込むようにして織る技法の一つで、構造上強度が高く耐久性に優れています。
引張強度は本革の5倍にもなります。

Q 汚れた場合は?

A 目立つ汚れがついた場合は、お近くの着物クリーニング店にご相談ください。

ブランドコンセプトは「お祝いの品々」

綴織は祝いの織物「寿布(すふ)」であることから、ギフト商材としてもおすすめです。名刺入れ以外に、命名指輪やお守り袋など珍しさのあるアイテムも揃っています。商品一覧より各商品の詳細をご覧ください。

並べ替え